Merry Christmas!

I’m middle of shooting film now.
It was my first scene shooting yesterday, it’s Christmas Eve in Japan.

I mean… Merry Christmas 😉

Everything has meaning. That’s why it’s so interesting.

エレファントマンをみてきました。撮影の合間で不安だったけど、やっぱりどーしてもみたくて。

行ってよかった

20131225-235237.jpg

自分の役を改めて考えて
あーーー
素晴らしい役をもらったなと、改めて思ったわけであります。

舞台の後は、撮影中のみなさんのことを考えて飲んだくれるわけにもいかず?ひゃっくりではじめで帰宅(´・Д・)」
将来のビジョンを改めてみた気がしました。

PAUL McCARTNEY

 

21 Nov. 2013

この日に浸って生きてたりする

毎日、PAUL McCARTNEY の声を聞いて、浸ってる

日本でのライブ最終日、念願のPAULにあいに行ってきたーーー

20131203-142937.jpg

 

 

何故かこの日、やたら塩屋さんのことを考えてた。

役作りしているときも、ポスター裏面の塩屋さんと目が合った気がして。

東京ドームに行ってようやく気づいた。

塩屋さん、The BEATLES 大好きで、いつもLet it be Tシャツ着てた。

ゆりぴそが ビートルズグッズを自慢すると、上にきてるシャツを脱ぎだしてTシャツとビートルズと同じ時代に生きた事を自慢してた。

塩屋さんはきっと今日、PAUL McCARTNEY の楽屋までお邪魔してるんじゃないかとおもったね。

img_438337_11518095_5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAUL McCARTNEYはコンサート中に水分補給しない。

びっくりさせられっぱなし。

スーパースター

本気で惚れ惚れしてしまう。

歌っている姿は、魂を削りだして生み出しているよう

削っても削っても神々しく輝いていて

 

20131203-142853.jpg

 

PAUL McCARTNEY がある曲を歌う前に言っていた。

In 60’s, south part of the United States people were unhappy, they were sad it was bad era because of civil rights.

I thought from here, maybe we can do something for them.

And we made the song. “Blackbird”

20131203-142955.jpg

Blackbird singing in the dead of night, take these broken wings and learn to fly
All your life, you were only waiting for this moment to arise

Blackbird singing in the dead of night, take these sunken eyes and learn to see
All your life, you were only waiting for this moment to be free

Black-bird fly
Black-bird fly, into the light of a dark black night

Black-bird fly
Black-bird fly, into the light of a dark black night

Blackbird singing in the dead of night, take these broken wings and learn to fly
All your life, you were only waiting for this moment to arise
You were only waiting for this moment to arise
You were only waiting for this moment to arise

 

 

20131203-142908.jpg

 

 

 

この Abbey Road 写真、かっこよすぎるっしょ。

Paul McCartney はすべてにおいてパーフェクトにスターだと、改めて感じた。

泣いた。

20131203-142834.jpg

 

Paulにあいに行くんで、60年代を意識してみた。

BYE-BYE

 

3つの最悪な出来事

土曜日。

色々なことがバラバラとそれぞれの時間を経て、1つの結果を1つずつ出して行く。

その結果の1つ1つが、たまたま土曜日に起きて、たまたま3つとも最悪な結果だった。

ただそれだけ。

土曜日が終わり、日曜日を迎える時には、3つの結果がそれぞれ手元に残り。

ただただ呆然と頭を抱えて涙を流した。

1つ1つに自分なりにけじめをつけよう。

3つの謝罪。

1つに答えを出す毎に、次の問題が駒を進める。

2つ目の答えを導きだすと、次の問題が弓を射る。

3つ目が直面したときに、キングを取られた。

チェックメイト。

敗北感、劣等感、屈辱感、延々と続く自問自答。

2人の天使が現れて、すべてを洗い流しはじめる

擦りむいた膝小僧を

砂利だらけの手のひらを

泥だらけの髪の毛を

再び白と黒のボードの上を眺め、足を踏み出す

不条理な世界よ、人は忘れ、人を咎める

立ち上がる力がなくなるまでに、捻り潰し叩きのめす

そこで立ち上がらなければ、それまでであり、それも道

何も無かったかのように立ち上がれば、更なる力で捻り潰される

So, what are you going to do?

What do you want to do?

I’m not done yet.

dsc_6817