第8回『ポエトリーエンジェル』飯塚俊光監督 「オノユリの映画の話をしましょうよ」

2月3日のゲストは、『ポエトリーエンジェル』、『独裁者、古賀。』、『チキンズダイナマイト』の飯塚俊光監督 にお越しいただきました。

酸っぱくて塩っぱくてちょっと甘い・・・梅干しへと変化していく、いい香りのする大きな梅の実のような映画。丁寧に、端正に、心を込めて作られていて、心地の良い時間。

この映画を鑑賞中、今まで生きて来た中で特に身近にない筈の梅の実の香りが漂って来ました。映画の魅力、映像の力を感じる瞬間。

映画『ポエトリーエンジェル』を鑑賞してから、飯塚俊光監督にお話を伺えるのをとても楽しみにしておりました。

ラジオでもご紹介させていただきましたが、主演の 岡山天音 氏が 第32回 高崎映画祭 で最優秀新人男優賞を受賞されました。

高崎映画祭、他の受賞者の方々も日本を代表する男優・女優の名がずらり。

更に、映画祭開催中は受賞作品も公開されるとの情報を飯塚監督より頂きました。すでにDVDも発売されている映画を映画館で観賞出来る機会は中々ありませんので、ご興味ある方は高崎映画祭のサイトでご確認下さい。

素直で楽しい飯塚俊光監督と、とても贅沢な10分間を過ごさせて頂きました。

飯塚俊光監督、ラジオをお聴きの皆さま、ありがとうございました。

次回は、3月3日(土)日米共同制作長編映画『Cantering(キャンタリング)』の制作に取り組まれている真っ最中のHIKARI監督をゲストにお迎え予定です。

お楽しみにしていて下さいね。

『ポエトリーエンジェル』

2月3日(土) 15時から渋谷クロスFM88.5MHz にて公開生放送です。

「オノユリの映画の話をしましょうよ」

ゲストは、『ポエトリーエンジェル』の 飯塚俊光監督

前情報何も入れずに、『ポエトリーエンジェル』を鑑賞させていただいたのですが、いい映画ですねぇ。酸っぱくて、しょっぱくて、ちょっと甘い梅干しへと変化していく、いい香りのする大きな梅の実の様です。丁寧に作られる梅干しの様に、とても丁寧に端正に心を込めて作られていて、それが本当に心地の良い映画です。

次回も最高な時間になりそうです!

 

 

ゆく年くる年 2017年〜2018年

2017年

 

 

 

第1回目7月のゲストはドキュメンタリー映画『OKINAWA 1965』の都鳥監督、8月には映画『レミニセンティア』の井上雅貴監督、9月はドキュメンタリー映画『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』 と『インド日記 〜ガジュマルの木の女たち〜』の 早川 由美子監督、10月にお越し頂いたのは『それでも映画は作られる』の道川昭如 カメラマン/監督 と 俳優 城之内正明 さん、11月と12月に2ヶ月連続お越し頂いた下村 勇二 監督、ShibuyaCross-FMのみなさま、プロデューサーさま、そして、何よりお聴きいただいている皆さま、贅沢な時間をありがとうございました。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

◆ 2018年、1月6日(土)15:00からのラジオゲストは、ドキュメンタリー映画『OKINAWA1965』の都鳥伸也監督と拓也撮影監督がお越しくださいます。お楽しみにしていて下さいね。

◆ 2018年は、1月19日、20日、21日で朗読劇「ワガ輩は猫である!」(純文学ファンタジー)に出演いたします。

 

 

 

 

 

声優のゆきのさつきさんと共演させていただきます。

犬夜叉(日暮かごめ)ヒロイン、サイボーグ009(003フランソワーズ)、銀魂(志村妙)、聖闘士星矢Ω(ユナ)、ワンピース(コアラ)等など、多くの名作で活躍されている方です。

初めて朗読劇に挑戦させて頂いておりますが、ゆきのさつきさんが素敵で素敵で・・・うっとり楽しませて頂いております。

チケットは こちら です。よろしくお願いいたします。

◆ 2018年2月は、4日(日)にドキュメンタリー映画『OKINAWA1965』の完成記念イベントで司会をさせていただく事となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年もひたむきに努力を重ね、猛進いたしますので、よろしくお願いいたします。

みなさま、良い年をお迎えくださいね。

オノユリ