その手に触れるまで

2019年製作/84分/G/ベルギー・フランス合作
原題:Le jeune Ahmed・英題:Young Ahmed
配給:ビターズ・エンド

映画館のTweetで、「みんな映画館に戻ってきてー!」と言う、七夕の願いそのもののような言葉を見かけました。

また、この方の関係するお芝居は観たい。と思っている女優さんのSNSの言葉を自分の宿題のように感じた日、映画のチケットを予約し、その女優さんの鑑賞した映画を鑑賞しに映画館へ足を運んでいました。

『その手に触れるまで』

訪れた映画館は新宿武蔵野館。『ニンフォマニアック(後編)』や『6歳のボクが、大人になるまで。』を鑑賞した映画館です。こじんまりした3館で座席は3館合計301人。けれど、コロナの影響で、1つずつ座席を空けているので満席でも45席。後ろの席から綺麗にぴょこぴょことび出る頭の数を数えられる具合でした。鑑賞者からすると、こんなに広々と映画館で鑑賞出来る贅沢に恵まれるなんて…とひたひたと幸福に満たされていきました。そして同時に、映画館は大丈夫なのだろうか…改めて心配になりました。それにしても、映画館で鑑賞する時間って本当に贅沢。映画に費やす時間丸々、映画のことだけ考えられる空間で、映画を鑑賞する為だけにデザインされた座席に座って、その映画に適した室温で、心を無にできる真っ暗闇から、脳味噌とスクリーンの宇宙に没入出来る。あぁ、エンターテイメントよ、ありがとう。ですね。本当に。

本日お話しするのは、ジャン=ピエール・ダルデンヌ監督 リュック・ダルデンヌ監督のダルデンヌ兄弟の作品で『その手に触れるまで』2019年製作/84分/G/ベルギー・フランス合作、新宿武蔵野館ほか、現在公開中の映画となっております。原題はフランス語なので、読み方は分かりませんが、英題:Young Ahmed、意味は原題と同じです。日本語タイトル『その手に触れるまで』が、随分異なるんだなと言う印象を受けますね。鑑賞した方の親切心かな?

ベルギーに暮らす13歳の少年アメッドはどこにでもいるゲーム好きの普通の少年だったが、尊敬するイスラム指導者に感化され、過激な思想にのめり込む。ある日、学校の先生をイスラムの敵と考え始め、抹殺しようとする。狂信的な考えに取り憑かれてしまった少年の気持ちを変える事はできるのだろうか……?
13歳の少年が突然囚われてしまった過激な正義。まだ世界を知らないまま、善と悪、純粋と不純を分けてしまう。それは宗教的な思想に限らず、「あるひとつの答えだけが正解」と思い込み、他者を受け入れなくなる思春期・反抗期の経験に重なる。どうしたら、他者を受け入れることができるのか……。
人の変化は急には起こらない。多くの人たちとの関わり合いの中から、その人なりの正解が見えてくる。いくつもの出来事を積み重ね、少年の感情が変化していく様を丁寧にすくいとる。“特別な子供の物語”ではなく、すぐそばにいる子供の成長を見届けるような温かさをもって、ダルデンヌ兄弟にしか描けない、普遍的でいて、これまでにない少年の成長物語。

第72回カンヌ国際映画祭 監督賞受賞!
8作品連続カンヌコンペ出品!
世界の名匠、ダルデンヌ兄弟が成し遂げた偉業。

2019年カンヌ国際映画祭。ワールドプレミアの上映後には客席で拍手を贈るティルダ・スウィントンの姿があった。ウォルター・サレス監督やアモス・ギタイ監督も称賛を贈り、「鮮やかな作家性!作品の強度に驚嘆し、物語と力強い主人公の演技に引き込まれる」(ガーディアン紙)、「シンプルでいて、心を掴んで離さない!」(ヴァラエティ)、「ダルデンヌ兄弟の虜だ!」(NYタイムズ紙)と各メディアが絶賛した。ダルデンヌ兄弟監督作品のカンヌ国際映画祭コンペティション部門出品は8作品連続の快挙。そして、監督賞の受賞により、カンヌ国際映画祭で審査員賞を除くすべての主要賞受賞という史上初の偉業をダルデンヌ兄弟は成し遂げた。
主演はダルデンヌ兄弟が見出した新星イディル・ベン・アディ。「緻密な演技で映画全体を支配する存在感をはなっている」(ル・モンド紙)、「『イゴールの約束』のジェレミー・レニエの鮮烈なデビューを思い起こさせる」(エル)とイディルを絶賛、第10回ベルギー・アカデミー賞で有望若手男優賞を受賞した。そして、ダルデンヌ兄弟お気に入りのアルフレッド・ブレンデル演奏によるシューベルトの「ピアノ・ソナタ第21番変ロ長調 D.960 第二楽章」が美しくエンドロールの幕を閉じる。

背景

ベルギー、ブリュッセル西部に位置するモレンベークは、10万弱の人口のうちイスラム教徒が5割程度、地域によっては8割を占め、その多くがモロッコ系。(2016年時点)
そこに暮らす一部の過激派のイスラム教徒や、モレンベークを拠点として利用した過激派が、15年のパリ同時多発テロや16年のブリュッセル爆発に関与した。クリント・イーストウッド監督が『15時17分、パリ行き』のタイトルで映画化したタリス銃乱射事件の犯人もブリュッセルから列車に乗車している。ここ数年、ブリュッセルはヨーロッパにおけるテロリズムの交差点と化している。

鑑賞して

監督はこんなにあやふやでふわふわもやもや漂う曖昧なものをどうやってAhmed役のイディル・ベン・アディに伝え、映像に残すことが出来たのだろう?13歳のAhmedは常に下を向き、姿勢が悪く、小さくみえる。ゲームに夢中だった少年からはのびのびと太陽を浴びた気配がない。頭の回転が素晴らしく早く、時々彼の動きに目が回される。彼が太陽の匂いのする動物がたくさんいる農場で、光を浴びる女の子に出会い、彼の乾かないぐじゅぐじゅとした心にそよ風が吹いたように思えた。13歳。宗教的な思想に尖ってしまったぐじゅぐじゅは、常に同じ人に向けられてしまう。Ahmedの心の動きが、彼にあたる光であったり、ハンカチを忘れた母親であったり、ただただ彼の心に寄り添う映像に、ドキュメンタリーのようなどぎまぎとした、たどたどしいAhmedだけを、ただただ手を差しのべることも出来ないまま、眺めている。作品。

BLACK GIRL

Director:

Ousmane Sembene

Writers:

 Ousmane Sembene (based on a novella by), Ousmane Sembene

初公開: 1966年 (セネガル)
監督: センベーヌ・ウスマン
映画脚本:センベーヌ・ウスマン
原題:La noire de… (The Black Girl of…/黒人女子の・・・)
Story Line
A black girl from Senegal becomes a servant in France.
あらすじ
セネガル共和国の黒人の女の子が念願のフランスへやってきてフランス人の使用人になるお話
植民地のお話
セネガルは、歴史上長い事奴隷貿易の拠点とされていました。現在判断できる史料まで遡ると、1444年に初めて訪れたヨーロッパ人がこの地から4名の若者を拉致し、本国へ連れ帰ったそうです。以降は諸外国の奴隷狩りがあり、反乱もあったそうなのですが、武力鎮圧されてしまいます。1800年代には徐々にフランスの植民地化が進み、1848年に奴隷貿易が廃止されても、フランス植民地下でセネガル人は「セネガル歩兵」としてフランスの戦争に動員され、彼らは19世紀の西アフリカ植民地化戦争、20世紀の第一次世界大戦、第二次世界大戦、インドシナ戦争、スエズ戦争などに参加させられました。1960年にフランスから独立し、セネガル共和国として単独国家となります。
センベーヌ・ウスマンのお話
そして、この映画は1966年に「アフリカ映画の父」と呼ばれるセンベーヌ・ウスマンによって撮られます。センベーヌ・ウスマンは、元々小説家ですが、彼の母親を初めセネガルではフランス語を読めない人々が多く、センベーヌは、口承文芸(こうしょうぶんがく)の伝統をもつ社会では、書き言葉の文学に限界があると考えるようになります。そこでモスクワのゴーリキー・スタジオで1年間映画技術を学び、小説の執筆とともに映画制作をはじめたそうです。
確かに、映画『BLACK GIRL』の中でも主人公Diouana(ディワナ)を初め、彼女のお母さんも手紙の読み書きが出来ないというくだりが重要な意味を持って表現されています。
音楽がとても心地よく、ファッションもとても素敵。夢見る女性の心にちくちくと刺さるトゲは、刺さったまま。どんどん奥深くへとトゲがすすんで行く。
Diouana(ディワナ)の自由な思想・誇り高さ・戦い方をお洒落な音楽に載せて学び観る。
お金では Diouana の人生は貴方の自由にならない。
とてもシンプルな映画に沢山の見所が詰まっている『BLACK GIRL』。
1966年から、2020年の現在にいたる歴史に触れ、そしてさらに未来へと続いていく道のりがみえるような、素晴らしい映画でした。

泣きたい私は猫をかぶる

2020年製作/104分/日本

監督 佐藤順一(さとうじゅんいち)柴山智隆(しばやまともたか)

INTRODUCTION

『ペンギン・ハイウェイ』のスタジオコロリドが贈る、長編アニメーション映画第2弾。 猫 の世界を通して繰り広げられる、私を見つける青春ファンタジー

 

第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞作『ペンギン・ハイウェイ』で賞賛の声を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。新進気鋭のクリエイターがあつまる注目のスタジオが手掛けた、長編アニメーション映画第2弾作品『泣きたい私は猫をかぶる』。

監督は、「美少女戦士セーラームーン」『おジャ魔女どれみ』など90年代アニメを支えてきた、日本アニメ界の重鎮・佐藤順一と、スタジオジブリを経て現在はスタジオコロリドにて数多くのCMや映像作品に参加、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆。トップクリエイターと新世代の注目すべきクリエイターがダブル監督としてタッグを組んだ。
脚本は、日本中が涙した大ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や、『心が叫びたがってるんだ。』『空の青さを知る人よ』、ほか自身が監督を務めた『さよならの朝に約束の花をかざろう』など確かな描写力で定評のある脚本家・岡田麿里(おかだまり)。
声の出演は、実力派女優でありながらアニメファンを公言、声優へのリスペクトも強いことで知られ、これまで『借りぐらしのアリエッティ』『風立ちぬ』などの話題作にも出演している志田未来と、「東京喰種トーキョーグール」「ダイヤのA」「鬼滅の刃」など人気アニメ作品に多数出演、声優界で絶大な人気を誇る花江夏樹が、多感で繊細な中学2年生のムゲと日之出をダブル主演で務める。また主人公・ムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主に山寺宏一、ムゲと日之出の担任教師におぎやはぎの小木博明ら豪華キャストがそろった。
そして本作の主題歌はネット発音楽シーンで大注目のヨルシカが担当。メロディアスかつエモーショナルな音楽性と、まるで小説を読んでいるかのように綿密に築き上げられた世界観でリスナーたちを釘付けにしており、先ごろオリコンが発表した『2020年 ネクストブレイクランキング』で世代別10代・20代で2位を記録、「第34回日本ゴールドディスク大賞」でベスト5・ニューアーティストを受賞するなど話題の2人組バンド。
書下ろしとなる主題歌「花に亡霊」は本作の世界観を音楽で表現しており、物語をより深くより鮮やかに紡いでいる。

新時代を切り拓く2020年にふさわしい渾身の長編アニメーション映画『泣きたい私は猫をかぶる』がいま、生み出される―

story

私はあたなの力になりたい。好きって言われたい―

 

笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学二年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。
そんなムゲは、熱烈な想いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるが全く相手にされない。めげずにアピールし続ける彼女には誰にも言えないとっておきの秘密があった・・・。

それは、猫の姿になって 大好きな日之出に会いにいくこと。

 

実はムゲは、ある夏祭りの夜お面屋にいた猫の店主から、「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。
普段はクールに振舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。
≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づけるふたりの関係。ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。

猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。
ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られる・・・

 

このままずっと、彼のそばにいたい。でも、《私》に戻ることができなくなる――

 

自分が誰に支えられているのか。大切なものに気がつくとき、二人の世界が変わり始める。

<物語をみて>

ひたすら中学生の頃、自分が見ていた景色を眺めていました。

好きな人がいて、自分の世界へ脳内逃亡したり

自分の居場所を見つけられない時も沢山あった

「変わってる変わってる」「話が下手」と言われたな

わたしはそうして人に認められて居心地の良い場所を見つけられた

ふと、思うのです。社会に出ると、日々生きている事にお金がかかり、生活のために必死だけど、彼女の年齢の頃の辛さってひょっとしたら今よりも辛かったかもしれない。

子供の世界は、<学校>と<家>と<その間>。その世界が全て。どこかでバランスが崩れてしまったら、壊れてしまう。

声優陣の圧倒的力量に、惚れ惚れしました。主人公 佐々木美代 役 を演じる志田未来(しだみらい)さんの声にいっ時も志田未来さんを感じなくて凄かったし、猫店主役 の 山寺宏一(やまでらこういち)さんは声で山寺さんに気づくのに、それでも圧倒的な不気味さに恐怖でした。猫紳士(わたしが勝手に呼んでいる①)に猫淑女(わたしが勝手に呼んでいる②)のキャラクターと声の熟練度にとめどない安心感がありとてもとてもよかったです。

夏祭りの描写があるので、なんて事ない夏休みのある日に観るのはいいですねぇ。

「好きにならない、よりも

好き、よりも

大好き、の方がいい」映画です。

オノユリ