ShibuyaCross-FM

Movie Multifunctional FILMANIA Radio ShibuyaCross-FM 映画の話をしましょうよ

MIDSOMMAR

みなさんこんばんは。9月18日土曜日の女優オノユリの映画の話をしましょうよのお時間です。本日は、久しぶりにゲストをお迎えしておりますので、早速ご紹介いたします。 俳優の 安楽将士(あんらくまさし)さんにzoom越しで遊びに来ていただきましたー! 安楽将士プロフィール 安楽将士さんは、今回かなり久しぶりに連絡をとらせてもらったのですが、わたくしオノユリとは、お芝居の師匠が同じ塩屋俊(しおやとし)先生で、一緒に芝居の勉強をしてたことがある役者仲間です。一度舞台でも共演しております。わたしオノユリの中では、存在感のある俳優で、個性的でアーティスティックで、センスの塊だと思っております。センスが高いから、安楽さんのSNSで見かけたときに記憶に残るんだよね。 2011年に1人芝居「贋作トニー谷」にて役者としてのキャリアをスタートする。 その舞台で力の無さを実感し1年間アクターズクリニックに通う。 そこから「小劇場で経験を積むのが役者だ」という怪しい先輩の言葉を信じて小劇場で経験を積む。​ 2016から映像の仕事に挑戦し始める。 2017年公開の映画「関ヶ原」長野勘左衛門役でスクリーンデビュー。 初めて映画館で見た自分の名前に感動する。 そこから様々な映像作品に出演。 近年は「検察側の罪人」原田眞人(はらだまさと)監督 「アンダードッグ」 武正晴(たけ まさはる)監督 「すばらしき世界」 西川美和(にしかわ みわ)監督 などの作品に出演し、話題になるのを待っている。いや、待ちくたびれている。今後も様々な作品に必要とされる役者を目指す。 安楽将士anraku masashi_officialsite 近年の出演作は 原田眞人(はらだまさと)監督「検察側の罪人」、武正晴(たけ […]

Radio ShibuyaCross-FM 映画の話をしましょうよ

第8回『ポエトリーエンジェル』飯塚俊光監督 「オノユリの映画の話をしましょうよ」

2月3日のゲストは、『ポエトリーエンジェル』、『独裁者、古賀。』、『チキンズダイナマイト』の飯塚俊光監督 にお越しいただきました。 酸っぱくて塩っぱくてちょっと甘い・・・梅干しへと変化していく、いい香りのする大きな梅の実のような映画。丁寧に、端正に、心を込めて作られていて、心地の良い時間。 この映画を鑑賞中、今まで生きて来た中で特に身近にない筈の梅の実の香りが漂って来ました。映画の魅力、映像の力を感じる瞬間。 映画『ポエトリーエンジェル』を鑑賞してから、飯塚俊光監督にお話を伺えるのをとても楽しみにしておりました。 ラジオでもご紹介させていただきましたが、主演の 岡山天音 氏が 第32回 高崎映画祭 で最優秀新人男優賞を受賞されました。 高崎映画祭、他の受賞者の方々も日本を代表する男優・女優の名がずらり。 最優秀主演女優賞 満島みかり 氏 『海辺の生と死』 最優秀主演男優賞 仲代達矢 氏 『海辺のリア』 最優秀助演女優賞 黒木華 氏 『海辺のリア』 更に、映画祭開催中は受賞作品も公開されるとの情報を飯塚監督より頂きました。すでにDVDも発売されている映画を映画館で観賞出来る機会は中々ありませんので、ご興味ある方は高崎映画祭のサイトでご確認下さい。 素直で楽しい飯塚俊光監督と、とても贅沢な10分間を過ごさせて頂きました。 […]

Movie Radio ShibuyaCross-FM 映画の話をしましょうよ

「オノユリの映画の話をしましょうよ」第6回 『RE:BORN』 下村 勇二 監督

12月2日土曜日は、11月に引き続き、再びアクション映画『RE:BORN』の監督、下村 勇二 監督 をゲストにお迎えしての公開生放送をお送りしました。 11月にゲストに来ていただいた際に、1度の放送では語り尽くせず、もう一度お越しいただきました。そしてなんと、12月2日は映画『RE:BORN』のDVDとBlu-rayの発売日ということで、隠れコマンドのお話まで伺ってしまい、前回の放送の反省は何処へやら・・・再び大興奮してしまいました。 次から次へと繰り出される下村 勇二 監督 のお話に、時間切れまで思いっきり贅沢な時間を過ごさせていただきました。 下村 勇二 監督 、ラジオをお聴きの皆さま、贅沢な10分間をありがとうございました。