狂武蔵

2020年製作/91分/G/日本
配給:アルバトロス・フィルム

監督:下村勇二 原案協力:園子温

コエボンラジオをお聞きのみなさん今晩は、女優オノユリの映画の話をしましょうよ、のお時間です。

『狂武蔵』

先日、自粛期間以降初めての映画の試写会へお邪魔してまいりました。

少し、数年前の思い出を振り返るお話をさせて下さい。

ラジオ『オノユリの映画の話をしましょうよ』も実は今年の7月で4年目を迎えました。コエボンラジオ内でのコーナーとしては1年と7ヶ月。初めは、渋谷のスタジオで公開生放送で月に1度の放送でした。とても綺麗な真っ白な壁の明るいスタジオで、一面だけガラス張りで、渋谷の喧騒を歩く方々と目が合う仕様になっていました。10分間の番組のために費やす時間は、実はその頃より今の方が長いです。ぶっつけ本番でやったれっ!って時期もありましたし、それで失敗もしましたし。6枚も書いた原稿が4分で読み終わった時は、混乱して冷や汗止まりませんでした。

とても素敵な出会いも沢山あり、今でもその繋がりが、わたしと邦画映画の大切な絆のように感じております。

当時まだラジオを始めたばかりの5回目の放送時に、ゲストに来てくださったのが『RE:BORN』の下村勇二監督でした。放送後、その翌月も来てくださることになり、連続してゲストを努め、世界で盛り上がる『RE:BORN』のアクションについて、さらに日本映画だからこそ描かれている「武士道」についてたっぷりお話し下さいました。ラジオを聞いてくださった方へのシークレットメッセージまでご用意下さり、アクションと茶目っ気と漢気に、しっかりと魅せられ、わたしも公開中の作品を鑑賞に何度も映画館へ足を運ばせて貰ったものの1人です。

『RE:BORN』の関係者の作品へのこだわりは物凄く深くて、映画館のどの席に座るかでも、その魅力の堪能の仕方が変わることも教えていただきました。「爆音」が魅力の映画館で、前から5列目のサイドしか席がなく、そちらで鑑賞した際は、「あの映画館は、実はそこのエリアにスピーカーがあるので、最も良質な音が聞こえる席なんですよ!」と教えていただいて「確かにその日、薬きょうの落ちる音がピカイチ響いたな」と思ったのでした。

『RE:BORN』は、日本中を駆け回り魅了させ続けた化け物映画です。

そして、4年前の「オノユリの映画の話をしましょうよ」放送時から耳にしていたのが、もうひとつの侍映画のお話。『RE:BORN』主演のTAK∴(坂口拓)さんの主演のとんでもない作品のお話。公開されていない幻の『侍映画』

待ち続けて、4年。

先日、自粛期間以降初めての映画の試写会へお邪魔してまいりました。

77分ワンシーン・ワンカットの衝撃。幻のアクション映画が9年の時を経て、完成。

『狂武蔵』

監督:下村勇二 原案協力:園子温

解説:70分以上におよぶワンシーン・ワンカット撮影、400人斬りシーンなどを盛り込んだアクション時代劇。日本映画のアクションシーンを牽引するTAK∴(坂口拓)が主演を務め、初の時代劇映画となる山崎賢人が「キングダム」に続き坂口と共演を果たした。

物語:1604年慶長9年、宮本武蔵による2度の道場破りにより、師範の清十郎(せいじゅうろう)とその弟・伝七郎(でんしちろう)を失った名門・吉岡道場。面目を潰された一門は、まだ9歳の清十郎の嫡男・吉岡又七郎と武蔵との決闘を仕込み、一門全員で武蔵を襲う計略を練る。決闘場のまわりに身を潜める、一門100人と金で雇った他流派300人の前に、突如現れた武蔵が襲いかかる。2020年の公開よりも9年前に坂口によって撮影されていたが、長らく日の目を見ずに眠っていた作品で、「GANTZ」「キングダム」のアクション監督・下村勇ニが全体の仕上げを担当して完成させた。(https://eiga.com/movie/93353/ 映画.com

7年後、山崎賢人君と(いい意味で)ぽかーんとする漢の浪漫駄々漏れの侍映画。

その7分間でこの映画に惚れました。

2020年8月21日(金)全国ロードショー(公式HP

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *