コエボンラジオをお聴きのみなさんこんばんは。11月13日土曜日、女優オノユリの映画の話をしましょうよのお時間です。先週まで3週に渡って役者仲間をゲストにお迎えしこのコーナーをお送りしました。3週目にはなんとなく、それまで長い期間話しをしていなかったわたしたちの時間と距離が、数年前に共演したときとはまた違った距離感で埋まった気がしました。聴いてくれた方より、「いい話だったよ」とご連絡いただいた時は、本当に嬉しかったです。役者が、好きな映画の話を好きに話している内容だったので、それでも聴いてくださった方が一緒に楽しんでいただけたらこんなに最高なことはありません。ありがとうございます。

さて、本日はひさしぶりに1人でお話しますが、たまたま鑑賞した映画がとても面白くて、またゲストを迎える予定なのですが、その間にねじ込んでしまおうとおもうくらいに鑑賞してよかったなー!といった内容でしたので、お話したいと思います。

テロ, ライブ

2013年製作/98分/G/韓国
監督:キム・ビョンウ監督
原題:The Terror Live

STORY

「チェイサー」「ベルリンファイル」のハ・ジョンウが、電話越しにテロリストとの息詰まる攻防を繰り広げるキャスターに扮したリアルタイム型サスペンス。

不祥事を起こし、テレビ局からラジオ局へ左遷された人気アナウンサーのユン・ヨンファは、ラジオ番組の生放送中、正体不明のリスナーからソウル市内の漢江(ハンガン)にかかる麻浦大橋(マポデキョ・マポ大橋)を爆破するという脅迫電話を受ける。いたずらだと思い電話を切ると、予告通りに麻浦大橋で爆発事件が発生。相手が本物のテロリストだと確信し、このスクープがテレビ局復帰へのチャンスになるとにらんだヨンファは、犯人との通話の独占生中継を始めるが……。

映画.com

FILMANIA 映画の話をしましょうよ

本日お話するキム・ビョンウ監督「テロ、ライブ」。韓国映画は割と長いイメージが今まであったのですが、割と見やすい98分。そして、この98分が、オンタイムで感じられる作品となっております。2013年の作品ですが、この当時から韓国ではこのテンポ感で作品を作っていたの!?と感じ、今「半地下の家族」がアカデミー作品賞を受賞し、世界で評価が高い韓国映画と言えますが、流石のテンポの良さです。

少し古い映画ですが「Phonebooth(2003)」「LIMIT(2010)」のワンシチュエーションと言うか、狭いところに押し込められた息の詰まるシチュエーション映画の感覚が蘇ってきました。わかりますか?あの閉塞感映画!手をぐるぐる回したり伸びができないような場所に閉じ込められる映画!鑑賞しながら首がこりかたまっちゃう気がする作品たちです(笑)特に「LIMIT」は酷いですね。ちょっと「KILLBILL」にも似たシーンが出てきますが、棺桶に詰められて砂の下に埋められているシーンがほとんどですからね。

今作キム・ビョンウ監督「テロ、ライブ」は、そこ迄の閉塞感はありませんが、コロナ禍の今だからこそ浮かんだ言葉がありました。もはや隔離の、isolation film! 主人公ユン・ヨンファが動かないのはラジオ局、生放送中の番組。この方、もともと国民的なアナウンサーなだけあって、一度ジャーナリストスイッチが入ると、もう頭の回転が早い早い!電話で相手の声を聞きながらメモを取りつつ自分の考えをまとめていく彼の方法は、ものすごく身近で現実的に感じました。

あまりに自然すぎて、映画の中の大きなテーマもさらりと流し見してしまうところでしたが、主人公ユン・ヨンファがマポ大橋が爆破された直後からテレビへの復帰のことばかり考え始めます。これが自然に感じるというのは、それだけ現実というものが腐っているのかもしれない…と自分の胸に手を当てましたよ。わたくしオノユリは、「そんなおとなになっちゃだめなんだー!」(笑)でも、ちょっぴり自信がないなぁ…。しかし、人間というものは、わたしも含め勝手なものなのです。被害にあっている人間が自分の知り合いであれば、途端に100%悪役がはっきりします。テレビの中継にうつり、震えながら、祈りながら、マポ大橋の現状をリポートしているのが自分の元奥様であることに気づいた瞬間から、主人公の心が変わります。人心掌握のうまい映画です。もはや映画の主人公の心で、どうしたらマポ大橋と言う世界を救うヒーローとなれるのか??犯人の要求を聞くと、「大統領の謝罪」だといいます。ラジオ局の一室から出られないユン・ヨンファは、部屋の外の状況を周りのスタッフや警察とコミュニケーションを取りながら把握するけれど、大統領の様子はまったくわかりません。周りの人を信じて対応するけれど、自由の利かないユン・ヨンファは権力に対する力はなく、暴力に対する防御力もないのでした。

リアリティのある作品に手に汗握っていると、「えっ、こんなこと起きちゃう!?」の怒涛の展開。是非、目撃していただきたい事件です。キム・ビョンウ監督「テロ、ライブ」

では次に、衝撃を受けた作品のお話をしたいと思います。

2019年製作/110分/G/韓国
監督:キム・テギュン監督
原題:Dark Figure of Crime

暗数殺人

STORY

「7人だ。俺が殺したのは全部で7人。」キム・ヒョンミン刑事(キム・ユンソク)は、恋人を殺害し逮捕されたカン・テオ(チュ・ジフン)から突然の告白を受ける。しかし、テオの証言のほかに一切証拠はない。そもそも彼は、何故自らそのような告白を始めたのか?警察内部でもテオの自白をまともに相手をする者がいない中、ヒョンミンは直感的にテオの言葉が真実であると確信。上層部の反対を押し 切り捜査を進めてゆく。そしてついに、テオの証言どおり白骨化した死体が発見されるのだが、テオは突然「俺は死体を運んだだけだ」と今までの証言をくつがえす。「どういうことだ」テオの言葉に翻弄されてゆくヒョンミン。果たして残る死体は存在するのか?テオの目的は一体?

『暗数殺人』オフィシャルサイト

Introduction

韓国全土に衝撃を与えた実際の事件を基に、ミステリアスな殺人犯と未解決事件を追う刑事の息詰まる攻防を描く本作。同じく実際に起きた連続殺人事件を基にしたナ・ホンジン監督の傑作『チェイサー』で一躍スターの仲間入りを果たして以降『10人の泥棒たち』『1987、ある闘いの真実』などの作品で高い評価を獲得してきた名優キム・ユンソクが、静かな情熱と執念で真実に迫る刑事ヒョンミン役を演じる一方、日本でも爆発的ヒットとなったTVドラマ「宮(クン)〜Love in Palace」で熱烈な人気を誇り、近年は『アシュラ』『神と共に』などの作品で幅広い役柄を演じて活躍の幅を広げるチュ・ジフンが、連続殺人を告白し刑事を翻弄する謎めいた男テオを演じ強烈な存在感を放っている。二人の演技はもちろん、緻密な脚本と緊迫感漂う演出は観客・批評家双方から熱い支持を受けその年の賞レースを席巻、大きな話題を呼んだ。

『暗数殺人』オフィシャルサイト

FILMANIA 映画の話をしましょうよ

「暗数」とは:実際の数量と統計上扱われる数量との差。主に犯罪統計に置いて、警察などの公的機関が認知している犯罪の件数と実社会で起きている件数との差を指す

『デジタル大辞泉』小学館より

この暗数という言葉、この映画出始めて知りましたが、暗数殺人は神田裕司監督の映画でわたくしオノユリがメインで出演しました映画『正義のミカタ』で奇しくもわたしが冒頭アドリブで話ししている内容でした(笑)とても面白い映画なので、是非沢山の人に観ていただければ嬉しいです。神田裕司監督の、『正義のミカタ』よろしくおねがいします。

すみません、ちょっと話がずれましたが、キム・テギュン監督「暗数殺人」は実話を元に構成を作り直している作品です。この作品がちょっと信じられないほどの衝撃がありまして。一言だけでもお伝えしたかったんです。とにかく、カン・テオ役のチュ・ジフンの芝居がうまい!うますぎる!!うますぎて引くほどうまい!!!!映画をみながら、芝居が下手な人だなぁっておもうことってないんです。世の中、芝居の上手い人しかいないんじゃないかといつも感じてるんですが、今回この『暗数殺人』チュ・ジフンは、もう、やばかったです。ほんっとうに凄いお芝居。内容もかなりどぎつい内容なんです。

キム・ヒョンミン刑事役のキム・ユンソクも重厚感があって素晴らしいんですよ。重厚感のあるお芝居をあのお姿で演じてくださるのはもう大黒柱のようなものをこの方に感じるのですが、カン・テオ役のチュ・ジフンは、半端ないうまさで、もうすべてが強烈に観ているわたしに刺さってきました。

なんというか、どうあのキャラクターを作り出したのか、生み出したのか、そこから知りたい、知りたくて仕方がない。実際に知り合いにカン・テオのような人間がいるのか、いるとしてその人間になりきれるわけではないので、どう自分に投影させて行ったのか。カン・テオって本当に凶悪な人間のように見えるのですが、信じられないほど頭の回転が早くて、刑事役のキム・ユンソクって体格のしっかりした刑事に対して恐れを抱くようなことはなく、むしろ骨の髄までいじくり倒してしゃぶりつくしてやろう、と言った行動と言動を飄々と繰り返して、こっそりキム・ユンソク刑事ににっこり笑いかけるような役なんです。観ていて、この人間が多重人格なのか、サイコパスなのかはたまたそれ以外の者なのか…。とにかく映画のストーリーも惹きつけられると思いますが、わたしはただただチュ・ジフンの芝居のうまさに引くほど脱帽したのでした。

本日前半は、キム・ビョンウ監督「テロ、ライブ」、後半はキム・テギュン監督「暗数殺人」のお話をお送りしました。

みなさまが実りの多い素敵なお時間をお過ごしいただけますように。また来週、映画の話をしましょうね。オノユリでした。