FILMANIA

Movie Multifunctional FILMANIA Radio 映画の話をしましょうよ

SPIDER-MAN: No Way Home

コエボンラジオをお聴きのみなさん、こんばんは。1月29日(土)の女優オノユリの映画の話をしましょうよのお時間です。みなさんいかがお過ごしですか?毎日なんだか色々なニュースがあって、ただでさえ寒いのに、心や体が余計冷えきってしまいそうです。そんな中でも、小さなラッキーをついてるなぁ!幸せものだなぁ!なんてコエに出して喜んだりして過ごしております。それだけでもちょっと全身あたたまるんですよ。例えば、現場のあとちょっとでも早く帰りたい駅のホーム。乗り継ぎが上手く行かないと電車を3本くらい見送らなきゃいけないことがあるんです。でも、それが素晴らしいタイミングで、待ち時間もなくスーッとホームに到着した電車に乗ればお家まで帰れる時。もうこの幸運に恵まれた時はわたしの人生つきまくりだな!なんて単純にすごい嬉しくて喜びを噛み締めます。大げさだな(笑) あとね、面白い映像作品に出会った時!これは、たまらないですね。最近、よくむせび泣いてます(笑)どうしたのかな?なんか感情の起伏が激しいな(笑)まぁ、たまたまピンポイントで心にささりまくる映像に出会ってしまったからなんだと思いますが、それにしても最近良く泣いてますね(笑) 今日はね、映画の話でまたとても悩んでおりまして。どの作品にしようかな…と。今日お話する映画は、この映画を観た人と思いっきり興奮してお話したい作品なのですが、観てない方には何もお話しちゃいけない作品なんですよ。。。だからね、悩んでおります。 SPIDER-MAN: No Way Home 本日の映画は、SPIDER-MAN: NO WAY HOMEです!この映画のタイトルで検索するとネタバレがいっぱい出てくるのですが、わたしは言いませんので、もう、この映画のオフィシャルサイト上にあること以外は言いません!ひとまず、ご紹介いたします。 2017年『スパイダーマン:ホームカミング』 2019年『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』 そして2022年、”ホーム”シリーズ三部作が、ついに完結する。 親愛なる隣人として、NYを守り続けてきたスパイダーマン。 しかしミステリオによって世界中にその正体を明かされてしまったピーター・パーカー。 もう、親愛なる隣人ではいられない。マルチバースの扉が開かれ、過去の「スパイダーマン」シリーズのヴィランたちが襲いかかるーーー。 そうなのです、今作は最終章。さようなら、親愛なる隣人ーーー。みなさん、頭の中にスパイダーマンのテーマが流れてきてますね…わたしもです。 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する「スパイダーマン」シリーズの第3弾。MCU作品の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」「アベンジャーズ エンドゲーム」でもスパイダーマンと共闘した、ベネディクト・カンバーバッチ演じるドクター・ストレンジが登場する。前作、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でホログラム技術を武器に操るミステリオを倒したピーターだったが、ミステリオが残した映像をタブロイド紙の「デイリー・ビューグル」が世界に公開したことでミステリオ殺害の容疑がかけられてしまったうえ、正体も暴かれてしまう。マスコミに騒ぎ立てられ、ピーターの生活は一変。 身近な大切な人にも危険が及ぶことを恐れたピーターは、共にサノスと闘ったドクター・ストレンジに助力を求め、魔術の力で自分がスパイダーマンだと知られていない世界にしてほしいと頼むが……。サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズに登場したグリーン・ゴブリンやドック・オク、マーク・ウェブ監督版「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのエレクトロなど、過去のシリーズ作品から悪役たちが時空を超えて登場。それぞれウィレム・デフォー、アルフレッド・モリーナ、ジェイミー・フォックスら当時のキャストが再登板した。 […]

Movie Multifunctional FILMANIA Radio 映画の話をしましょうよ

いずれあなたが知る話

コエボンラジオをお聴きのみなさん、こんばんは。1月22日土曜日の女優オノユリの映画の話をしましょうよのお時間です。 本日はゲストにご出演いただいていますので、早速ご紹介いたします。 先日0号試写を迎えた映画「いずれあなたが知る話」の脚本家で主演の小原徳子さんです。 では、今日は小原徳子(こはらのりこ)さんが脚本を務められた作品「いずれあなたが知る話」について、たっぷりお話を伺います。 FILMANIA 映画の話をしましょうよ 古澤健監督『いずれあなたが知る話』2022年公開予定 あらすじ その日暮らしでニートのような生活を送っている勇雄。 好きで始めたはずのカメラも中途半端なまま冴えない日々を過ごしていた彼は、ある日、隣人の存在を意識し始める。シングルマザー、靖子。 靖子の存在は勇雄の中で日に日に大きくなっていく。 貧しい生活の中で、娘の綾を育てる靖子。そんな靖子にも、人には言えない秘密があった。 靖子の存在を追い始める勇雄。 勇雄に人生を侵食し始められる靖子。 交わることのなかった2人が絡んでいくことで、平穏だったはずの日々は、少しずつ形を変えて歪んでいく。 この親、この隣人の片鱗があなたにもあるかもしれない。映画『いずれあなたが知る話』全国劇場公開支援プロジェクト! クラウドファンディングについて 現在、1月28日まで2度めのクラウドファンディングを行っております。 前回のクラウドファンディングは、完成までの資金を集めることが目的で、今回は、生まれてきた作品『いずれあなたが知る話』を一箇所でも多くの地域に、一人でも多くのみなさまへ感謝の気持も込めてお届け、公開するためのクラウドファンディングとなります。 試写会について 最後に […]

Movie Multifunctional FILMANIA Radio 映画の話をしましょうよ

東京ゴッドファーザーズ・STAND BY ME ドラえもん

コエボンラジオをお聴きのみなさん、こんばんは。1月15日土曜日の女優オノユリの映画の話をしましょうよのお時間です。 収録を行っているのは、15日より数日前なんですが。ありがたいことに、新年は少し忙しくさせてもらっていまして。参加させてもらった作品の関係で人に会う機会も増え、ちょっと予定通り収録が進まないと困るなと思いまして、早め早めに収録をしております。気にかかっているのが、オミクロン株で、人に会う機会が増えると、感染率の高さに気を引き締めなきゃなと。改めて思います。みなさまも、お気をつけくださいね。では、本日も映画のお話をしましょうか。 東京GOD FATHERS STORY ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキ-。新宿で暮らすホームレス3人組の前に、意外なクリスマス・プレゼントがやってきた。ゴミの山の中で生まれたばかりの赤ちゃんを発見したのだ。勝手に“清子”と命名し、ゴッドファーザー(名づけ親)となった3人は、雪ふる街を、親を探してさまよい歩く。ウラ東京で、人生を生き抜くホームレスたちが、急転する「運命」の中で出遭う<奇跡>とは。 公式 FILMANIA 映画の話をしましょうよ いやはや、あっという間の92分!とってもとっても面白い作品でした!今敏(こんさとし)監督の作品なので、パプリカを思い描いて、ちょっと今まで構えてしまっていたところがあったのですが、カジュアルに誰でもウェルカムでのめり込める作品でした。 でも、結構ツボは押してくるんですよ。マニアックな人ならきっとわたしでは気づききれていないところの様々なポイントに気づいてニッコリしているんだろうな、なんて勝手に想像してしまっています。 新宿で暮らすホームレス3人組、自称元競輪選手のギンちゃん、元ドラッグクイーンのハナちゃん、家出女子高生のミユキ。設定もなんだかおかしいけれど妙に現実味があって、新宿ゴールデン街のめしや『深夜食堂』がちらりと頭をよぎります。「深夜食堂」観たことがある方ならなんとなく想像つきやすいかもしれませんが、お客さんたちがなにか足りないというか不完全。まぁ、人間くさいというか、人間臭さが強い人々。どこか新宿って、そういう人たちが集まってくる匂いがするのかもしれません。そんな新宿に暮らすホームレスの3人組。出会ってしまった生まれたばかりの赤ちゃん。ここからはもう、超スピードで物語が動き出します。すっごいテンポの早さで、今敏監督凄い…と改めてしみじみ体感いたしました。 一瞬先も想像出来ない映画です。映画とは知っていてもついつい溢れる「嘘でしょ…」の言葉。なのに、それでも、妙な現実感が漂って、なんだろう?なんだろう?この感じ。言葉にしたい、でもわたしの語彙力ではぜんっぜんたりない!ということで、映画評論家さんの評論なども読んでみました。あ、これこれ、この感じ、というのを見つけましたよ。『映画.com』より 実在の場所で地に足のついたドラマが展開しているように見えつつも、あり得ないぐらいの偶然の連鎖と、ほんの少しの奇跡がおこる本作には“大人のおとぎ話”とも言うべき不思議な雰囲気が漂っている。これは誰かが見ている夢なのかもしれないとすら思える、現実と夢が薄くないまぜになった心地よい酩酊(めいてい)感は、異色作というより今監督の真骨頂なのではないか。 五所光太郎(ごしょ・こうたろう)氏 ”大人のおとぎ話”はとても素敵な言葉なのですが、わたしにしっくり来たのは『誰かが見ている夢』の部分。なるほど、パプリカにも通ずる今監督の作品ならではなのかもしれません。妙にリアルなクリスマスから、やたら現実的な大晦日までの数日間。ちょうどわたしが鑑賞したのがお正月あけで、たまたまわたしがいるのも新宿という街で、わたしという不完全な人間で、心の酩酊感によってギンちゃん、ハナちゃん、ミユキとオノユリの4人で一緒に過ごした数日間の物語のように錯覚していた気がします。 一瞬先が全くわからない作品だからこそ、ギンちゃん、ハナちゃん、ミユキの3人同じ気持ちでさっむい東京を一緒に彷徨える物語です。とっても面白かったのでぜひどうぞ。 では本日2本目の作品へ… STAND BY ME […]