I’m Seeing This View

20130319-084909.jpg

いつもみていると名のついた、もんちゃん(中村紋子さん)の作品展へいってきた*・゜゚・*
前半 3月16日〜25日 は写真展で、以前みたものも含めて、やさしく時間の流れる Birne ギャラリー/アトリエで、じっくりみてきた。

前半の展示写真は切り取られた感覚
I felt like the scent of death.

途中から後半は命のつながり
The each cells are pumping up.

最後はやさしい光、まるでギャラリーの中のよう
And daylight…

久しぶりに、舞台や映画以外のアートにふれたな。

ひとつの流れとしてもんちゃんの三部作をみれるのは、おもしろい。

作品展後半は3月26日〜4月7日まで。

後半はイラストだからね、写真を見るなら前半中にぜひ☆

イラストもみたいんだけどな・・・

行きも帰りも同じタクシーの運転手さんだったのは、なんだか小さな奇跡。

I’m Seeing This View.

もんちゃんは、この世界をいつもみている

人足って、なに?

きょうは、新宿ゴールデン街の”風の森”へいってきたよ!
ここ最近めちゃ忙しい中村紋子さんの、写真展 “Silence” がBEAMS B ギャラリーで開催中なんだけど、と同時に、新宿ゴールデン街北欧Bar”風の森”で “Birth” という写真展が開催されています(土日限定)☆きょうはそのパーティーでご招待いただいちゃったので、いってたよ!
贅沢なパーティーでございました。
みてみて↓↓

もんちゃん(中村紋子嬢)の作ったパンフレット♡
パーティーはヴァイオリニストの井上静香さんの演奏会だったんだよ!!
・・・さいこーだった。
なんっって贅沢な時間だったんだろう。
音楽家になる人は、だれでもそうだと思うんだけど、ほんっとうに小さい頃からその楽器をはじめて、いつの間にか自我が芽生えて、今までも今も一緒に生きてきた、これからも一緒に生きていこうってそういう考えに行きつくところっていつなんだろうってぼんやり考えたり。
そしたら、ある人にいわれたよ。

ちがうよ、ああいった人は、自分の好きとかじゃなくて、楽器に好かれた人なんだよ。楽器に選ばれた人なんだよ。って。
・・・。
それにしても楽器ってすごい。ヴァイオリンって、どうやら16世紀位に生まれて、18世紀位に現在の形に行き着いてるらしいんだけど、どうやってあんなに美しい形、音色のものが現れたんだろうね??
最後の曲は、チェロ(だと思う楽器)との2重奏だったんだけど、美しかった〜。2つの楽器が重なりあうことで、本当に深みが変わる…。聞こえ方もぜんぜん違う。。。まじ泣けました。
ちょっぴりワンピースのブルックのシーンを思い出して、デュオ…って思って更になけた〜〜(/_;)

たのしくて素敵な夜を満喫した後は・・・、まじおしごとはりきります!!
ただいま、のりにのってる中村紋子嬢の週間あやこ(第11号〜20号)の英訳依頼をうけたので、必死こいてやってるよ☆(・∀・)☆
ときどき日本語わかんねっす(´・ω・`)
人足って、なに?
おらの足のことも言うだか??
あ、とゆーわけでおともだちのみにゃさま、当分のみにはいかないかんね〜〜!!
でも、愛してるよ♥
おやすみちゃん(^_-)-☆

Love, yuripiso

Silence

中村紋子もんちゃんの展示会がはじまったよ☆
きのう、レセプションパーティーへ行ってきた♪
入ってすぐの壁に展示されてある詩をみて、どうしようもなく感情があふれて、その場で涙しそうになった…。

すごいね、すごいね。

こんな風に、彼女の作品が写真集として形になって、こうしてお祝いできること、すばらしいね。
お祝いへ行けてよかったよ〜〜

あろうことか、最後のページに協力としてオノユリと…載ってしまっている!!!
あ〜〜んあ〜〜ん!!
涙が止まらんぜよ

レセプションパーティーをあとにして、影の功労者、yuripiso のプロデューサーさまと、お祝いした。

ギムレットでカンパイやぁ!!

鉄瓶に入った日本酒でも乾杯やぁ!

中村紋子写真展「Silence」BEAMS B GALLERY

2011 年05月07 日(土)~ 05月31 日(火)
11:00~20:00(会期中無休)

入場料: 無料