Pray for Japan – Day 20 宮城

地震の時、たまたま一緒にいてくれたひと。宮城の人だった。
地震のあと、お家へ帰って、きのう宮城から帰ってきたって。

それは、きいちゃいけないかもしれない。そうおもったけど、きかずにはいられなかった。

湾岸線だけ、きれいになにもなくなっていて。なにもしらない人だったら、畑かとおもうかもしれないよ。
道があったあとだけわかるけど、いえもくるまもひとも、その湾岸線からきえた。
その次に眼に入るのは、植木でつくられた防波堤。なぎ倒されたり、わずかにのこったり。
あとはそこらじゅうごみ。
なぜかやねの上に3台、団子みたいに車の上に車が乗っかっているのがあったなぁ。

うちは1階が水没。かぞくは2階で生活してる。
いえの中も外もごみ。いえからだしても、そともごみしかないから、まとめておくけど、もともとはだれかのいえやくるまやふねだったもの。捨てるのもほうほうがね。

いえの壁も壊れてる。でかい余震がきたらいえ壊れるね。
こどもがいえのまわりにいるときにでもこわれたらこまるから、なんとかしなきゃね。

もともとかぞくも避難所にいたんだけどね、帰るところがあるひとは、帰ったり。
帰るところがないひとだけになると、だんだん食事は避難所に豊富にあるようになる。
だけど、プライバシーはダンボールのはしきれだけだったりするからね。
半壊でも帰れるひとは帰りたかったりするよね。

帰ったら、ライフラインがない。
食事は1どだけ1世帯におにぎり4ことペットボトル3本配布される。
たりないけど、プライバシーはあるからね。

これは、yuripiso がきいたはなしのいちぶ。
また、聞いたはなしのつづきをかけたらな、とおもうよ。

yuripiso、ゆいいついえたのは”これからも募金をつづけます。”だけだった。

”かぞくがぶじでよかった!”なんていえなかった。彼のともだち、ご近所さん、故郷は、ぶじではないよ。

”大丈夫!これからです!”なんていえない。これから、1ヶ月後にはみんなの張り詰めた想いがゆるむ。もっとつらくかなしいきもちがあふれる。

だから、これしかいえなかった。”募金をつづけます。ほかに、なにもできない。”

yuripiso なりに、できることまだまだ模索する。

きょうは、地球のためにいのります。わたしたちのくらい夜、被災地のひとがあんしんして眠れるように、いのります。

カリフォルニアにお住まいの方で、こんかいの被災のために何かしたいとおもっている方、いっしょに活動しませんか?
ご提案や、いっしょに何かしたいと思われた方、こちらにメールをおねがいします。
info@yuripiso.com

また、全国版のニュースではわからないことがあります。ラジオ福島による現在の福島のようすです。
http://www.rfc.co.jp/

こちらのラジオはUSTREAMで放送されています。
http://www.ustream.tv/channel/rfc-radio

がんばれ日本!GANBARE NIPPON! がんばろう日本! GANBAROU NIPPON!!

がんばれ東北!GANBARE TOHOKU

yuripiso