悪い女 パート2

 

きのう「悪い女〜青い門〜」について書いたけど

時間経った方がなにを観てたのか徐々にしっくりしてきたりすることがある

この映画に限らず、キム・キドク監督の映画については、時間が経った方がゆりぴその中で消化されてくる

キム・キドク監督の映画は、言葉で説明できない感情が描かれていると思う

特に「悪い男」に関しては、男の人には全く分からない女性の感情がぎっしりつまってる感じ

だからといって、説明できない(〃ノωノ)

例えると、究極の衝撃とスピードで恋に付き落とされる音を映像化する・・・みたいな(〃ノωノ)

ナマヤサしいもんじゃないってつたわったぴそか?

そう言う意味で言うと「悪い女」の場合、ひょっとしたら男の人の方がゆりぴそより理解できるのかも。ゆりぴその理解とは全く異なる解釈になるのかもしれないね。

「悪い女」は、最終的には分かりあえること、友情についての話だけど、そのどちらかというと頑なな人間が突然解放する扉の音、砂の上でのたうつ金魚の息づかい・・・てきな(〃ノωノ)

映画って面白いよねー

ちなみに、キム・キドク監督の映画でもう一本観たのが「受取人不明」(2001)

これは、ナマヤサシクないよ(-ω- )

ただ、どの映画にも共通するファンタジーの漂い

やばいね

あ、そうそう、うまいもの祭り行ってきたよ

20140114-181753.jpg

ゆりぴそでした☆

20140114-182345.jpg

Twitter: yuripiso

Facebook Page

(´・ω・)ノ★*゚*ヨロシクデス*゚*☆

 

 

「悪い男」について語らう

やっぱり毎日あったことない人のことを、ひたすらおもいだすんだ
いい意味でも、悪い意味でも

毎日どこか自分に呆れる(これは悪い意味)

20131028-083741.jpg

土曜日のワークショップで、映画「悪い男」について話し合う機会があった

もーーーちょーーーどはまりして、2度も連続でこの映画みちゃったぴそとしては、幸せな時間!

「なぜ、彼女は自分を堕とした男に惹かれてしまうのか」

それはいつ、どのように?

正直、おばかなゆりぴその脳裏をよぎるのは…

なんだかんだ、好みだった

的な?
浅い…
でも、みてるだけでどきどきするひとなの!
うん、間違いない。

でもきっと、出会った時の衝撃的なモーメントから、惹かれる何かを彼女は感じてしまっていた

理屈で説明できない何かを、映像で表現するというのは、とにかくドラマティックで、ガンガンきた

でも、男性には理解出来ない世界のようで、意外!

男性と女性の考え方、感じ方の違いってそんなに差があるのかな?

最高で最悪な映画 『悪い男』

おいつめたのはわたしのはずなのに
あーあ、おいつめられてるのはわたし

kankoku115

やばい映画に出会ってしまった
もーちょーどはまり

最高で最悪

2001年の韓国映画、キム・キドク監督

「悪い男」

すごいよ、この映画
とんでもない映画を、よく映像として、表現できたものだなー

もう、女性としては恐怖!

絶対にこのヒロインのような境遇にはなりたくない

なのにも関わらず、愛しい愛しい気持ちになってしまう(;_;)

ああ、悪い男じゃーーー!!
ってか、極悪すぎる!!

でも、ヒロインの女性はどんどん美しくなり、魅力的になる

主人公の歪んでいるのに純粋な愛が、理解できないのにびしびし伝わってきてしまう

やっべーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!

20040128004fl00004viewrsz150x

 

images

 

 

凄い目力。

たまらん!!

そしてセリフは全編通して2行!!(ゆりぴその勘)

そして、すこしファンタジーが漂う、異質な世界に紛れてしまった様な気持ちにもなる

20131024-231509.jpg映画って本当に面白い。