Yuri Ono

Movie Radio 映画の話をしましょうよ

「オノユリの映画の話をしましょうよ」第5回 下村 勇二 監督

11月4日土曜日は、アクション映画『RE:BORN』の監督、下村 勇二 監督 をゲストにお迎えしての公開生放送をお送りしました。 監督にポスターを2種類お持ちいただいて、ガラス張りの渋谷クロスエフエム(88.5MHz)にディスプレイさせていただきました。 生放送中に多くの方のお目に触れられたのをとても嬉しく思います。 このポスター2種ともとってもカッコいい! また、映画の詳細に触れる観客大絶賛のパンフレットもお持ちいただいて、ラジオ始まる前からオノユリの幸福メーターが崩壊状態でした。 あまりに興奮してしまい、噛んでばかりで大変お聞き苦しかった事と思います。大変反省しております。この失敗を糧にし、精進いたします。 そして、『RE:BORN』大好きな皆さまへご報告! なんと、次回の「オノユリの映画の話をしましょうよ」、のゲストが、再び下村 勇二 監督 に決定いたしました!! 10分では語り尽くせぬ想いが、12月2日の公開生放送へと引き継がれます! 今年最後のラジオは、『RE:BORN』祭りといたしましょう。

Film Festival Radio 映画の話をしましょうよ

取手映画祭 上映作品「それでも映画は作られる」

さて、明日はラジオ「映画の話をしましょうよ」の土曜日です。 10月7日15時から渋谷クロスFM88.5MHz よろしくお願いいたします。 ゲストは、数々の映画に参加されている、道川 昭如(みちかわあきゆき)カメラマン/監督と、『それでも映画は作られる』で主演を務められた 城之内 正明 さんです! この度、初めて3名でのトークを繰り広げる予定です。ぜひお楽しみにしていて下さいね。 道川監督が初監督を務められた『それでも映画は作られる』は、ラジオ翌日の10月8日日曜日、取手映画祭 で上映が決まっている作品です。映画祭に伺われる予定の方はもちろん、興味のある方も(そうでない方)も、事前にチェックしていただけたら嬉しいです。 鑑賞後の感想は、明日の贅沢な10分間に・・・

Movie Radio 映画の話をしましょうよ

「映画の話をしましょうよ」第3回 早川 由美子 監督

初めての女性監督ゲスト! ドキュメンタリー映画、『ブライアンと仲間たち パーラメント・スクエアSW1』 、『インド日記 〜ガジュマルの木の女たち〜』の 早川 由美子監督がゲストでした。 まだ始まって間もない「映画の話をしましょうよ」では、毎回初めてばかりなので、初めてアピールが豊富です。 毎回ラジオのお初をお楽しみいただけるといいな。 早川 由美子監督 の作品を鑑賞して、たくさん衝撃を受けました。実際に監督にお会いしてその衝撃をぶつけられるのが嬉しくて、幸せで・・・本当に贅沢な10分間となっております。 今回は、映画公開の際に様々な質疑応答に対応されている由美子監督に甘えさせていただき、作品を鑑賞した際に衝撃を受けすぎて言葉を失ってしまった経緯もあり、事前の質問は割愛させていただきました。その為、興奮度が更に増しております。